HOME>事業・サービス内容>システムインテグレーション>[製造業・物流系]ネットワーク機器リプレース提案

[製造業・物流系]ネットワーク機器リプレース提案

お客様の課題

ネットワーク構成はファイアーウォール及び32台のL2スイッチはすべてシングル構成であり、機器故障等の障害発生時にはシステムが使用不可となる可能性がある。
また、お客様のL2スイッチがEOSLを迎える。

課題解決に向けた弊社提案

社内にて、既存のネットワーク機器の有効活用する案(32台のエッジスイッチを間引き、予備機とする案)、リプレース案(基幹箇所をcatalyst2950からcatalyst2960へ変更)、上位機種であるL3スイッチスタック化案(catalyst2950からcatalyst3650へ変更)を、それぞれコスト、可用性、拡張性、問題に対する解決度、推奨等を多角的に検討提案し、リプレース案にてネットワークの変更を行った。

導入成果

機器購入コストを最小限に抑え、稼働中の業務システムに影響なくネットワーク変更を実施。また、機器故障時には既存のスイッチを予備機に充当することで、障害復旧時間の短縮に供えられた。

このページの先頭へ

  • 事業・サービス内容
  • 事例紹介
  • 企業情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ