HOME>事例紹介>[医療]疾病予防システム開発

[医療]疾病予防システム開発

お客様の課題

「生活習慣病・慢性疾患などの予備軍・患者への疾病教育・生活習慣介入を行いたい」
糖尿病や高血圧、高脂血症を代表とする生活習慣病・慢性疾患などの対象者に向けて、運動の奨励や食事制限などの疾病教育や生活習慣への働きかけを行い、疾病の発病・重篤化の抑制と病状改善を目的としたサービスを実現するために必要な生活習慣改善プログラム、および、電話による改善サポートの情報を管理するためのシステムを構築したいとのご要望を受けました。

課題解決に向けた弊社提案

オンライン入力系システムとバッチ出力系システムを開発。
検診結果データ入力や電話コール情報入力などの業務に対応したデータ入力系オンラインアプリケーションの開発、また対象者抽出や各種帳票データ作成出力などの業務に対応したデータ出力系バッチアプリケーションの開発を行いました。

導入成果

・コールオペレータの事務軽減
 ワークフロー機能により、コールタイミングを自動でオペレータへアナウンスすることで、事務処理を軽減化しました。

・対象者への詳細情報提供
 生活習慣病・慢性疾患対象者に向けて、詳細な情報を必要なときに効果的に提供できるようになりました。

このページの先頭へ

  • 事業・サービス内容
  • 事例紹介
  • 企業情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ