HOME>事例紹介>[医療]支援対象者管理システム構築

[医療]支援対象者管理システム構築

お客様の課題

既存システムサーバーの保守期限切れ及び、現在の業務内容の変化と既存システム機能のかい離が大きくなりつつあり、差分をEXCEL等を使い人の手で埋めている状態であった。
顧客により業務のカスタマイズが都度発生することから、既存画面の変更や類似画面の新規作成を柔軟に対応すること、帳票についても柔軟性とレイアウト変更の汎用性を考える必要があった。

課題解決に向けた弊社提案

既存システムの機能要件の見直しを実施。現在の業務に沿ってシステム化すべき機能を縮小。
画面の再設計のしやすさ、開発スピードを考慮するとともに、保守開発エンジニアの保有スキルを鑑みて、VB.NETとSQL Serverを組み合わせたシステムを提案。
帳票レイアウトも簡易化を実施、帳票編集もエンドユーザーでも対応できるようEXCELへの移行を行った。開発と並行し機器選定導入を行い、4ケ月でサービスインを迎えた。

導入成果

・SIerのデータセンターに設置していたサーバーを社内サーバールームへ移設。運用コストの削減を実現。
・顧客カスタマイズ要求に柔軟に対応できるシステムを実現
・エンドユーザーの参加(EXCEL帳票)によるシステム保守要員コストの抑制につながった。

このページの先頭へ

  • 事業・サービス内容
  • 事例紹介
  • 企業情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ