HOME>採用情報>キャリア採用>会社を知る>教育制度・支援制度

教育制度・支援制度

DISの教育ポリシー

社員は財産と考え大きく育てる

「企業は人なり」の考え通り社員を大切にします。

豊富な経験を持った技術者が指導

スペシャリストが親切・丁寧に指導します。

初歩から上級まで一貫したカリキュラム

コンピューターの初歩から分かり易い指導・教育を実施します。

DISの管理者制度

リーダー制の採用

グループリーダーを任命し、職場管理・社員サポートにあたっています。

リーダー会議

毎月事業部毎に実施し、直面する様々な課題についてディスカッションを通して問題解決の能力向上を図っています。

全体経営会議

毎月1回、社長以下の経営層に対して、現在の仕事の課題や進捗、今後の展開、ビジネスチャンス等を報告し、経営層との意思疎通を親密に図ります。グループの代表として真剣な報告・議論が行われます。

支援制度

資格支援制度

社員の積極的な自己啓発を促進するために、社内で認定した情報処理技術者資格やベンダー資格を入社後に取得したときには、資格手当・一時金又は報奨金を支給しています。

 
  • ・情報処理技術者資格:試験毎に合格一時金を支給する他に、資格手当として給与支給も行います。
  • ・ベンダー資格:試験の種類や難易度別に合格一時金を支給します。

図書購入支援制度

業務に必要な技術の習得や最新技術の研究等、社内でその重要性・有効性が認められれば、対象図書の購入を会社が支援します。

教育内容

DISSモデル(ITSS:ITスキル標準)に準拠した技術研修及びヒューマンスキル研修を実施し、将来のDISを担う人材を育成しています。

新入社員教育

「新入社員教育計画」に基づき入社後一定期間行われる「新入社員導入研修」を通じて社会人としてのビジネスマナー、IT基礎知識、配属部署で必要となる知識やスキルの取得をします。「新入社員導入研修」後は、現場での実践(業務やOJT)を通じてより専門的な知識を身につけていきます。

技術研修

業務スキルに応じて必要な技術や専門的業務知識を取得するために、外部研修、OFF-JT、e-ラーニング研修等を積極的に活用しています。

[外部研修参加例]

  • システム要件定義技法
  • ソフトウェア品質保証技術
  • アプリケーション開発基礎
  • ネットワークシステム基礎
  • UNIX/Linux基礎~中級研修
  • サービスレベル管理
  • プロジェクトマネジメント研修
  • データベース設計
  • 品質保証とテスト手法

管理者研修

[集団研修]
リーダーやサブリーダーに該当する社員を集め、リーダーシップやコーチングなどリーダーとして必要なヒューマンスキル研修を実施します。夕方には社長・副社長を交えた懇親会も実施します。自分の考えやアイデアを遠慮なく経営層へ伝える機会でもあります。

  • リーダー研修
  • 中堅SE研修

[個別研修]
技術研修同様に、外部機関を使った管理者向け研修も行います。

  • プレゼンテーション技法研修
  • ネゴシエーション研修
  • リーダーシップ研修
  • 会社概要
  • 社内イベント・風景
  • 福利厚生
  • 人材育成(DISSモデル)
  • 研修紹介

エントリーはこちら

このページの先頭へ

  • 会社を知る
  • 仕事を知る
  • 社員を知る
  • 募集要項