HOME>採用情報>新卒採用>仕事を知る>プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャー

プロジェクト管理関連技術やビジネス管理技術を活用して、プロジェクトの提案、立上げ、計画、実行、監視コントロール、終結を実施し、計画された納入物、サービスとその要求品質、コスト、納期に対して責任を持つ仕事です。
プロジェクトマネージャーは、チームに与えられた目標を達成するために、人材・資金・設備・物資・スケジュールなどをバランスよく調整し、全体の進捗状況を管理する責任者となります。

仕事の内容

  • 戦略的情報化企画お客様の業務を分析し自社内で開発・運用するか、IT企業に外部委託(アウトソーシング)する方が良いかなど、お客様の要望やコストにあったシステムプロジェクトを企画します。
    企画されたプロジェクトについて、いつから始めていつ終わる予定とするのか、どのくらいの費用がかかるのか、サーバー等の機器性能はどうするか、開発や運用のエンジニアは何人で対応するのかなどの具体的なプロジェクト計画を立案します。
  • 開発開発が始まったらその進捗管理や問題点の把握と解決、費用の管理、プログラム等のシステム品質の管理など、プロジェクト全般の管理と統制を行います。
  • 運用、保守お客様の経営戦略を受けて、社内システムをIT企業にアウトソーシングするときも、その情報資産の構築、保守、システム運用、業務運用の管理も行います。

当社の事例

当社の事業の1つであるシステムインテグレーション事業は、まさにPMの活躍なくしては成り立ちません。
(コーポレートサイト)システムインテグレーションへ

PMになるには

先ずは他の職種(AS、IS、IM)でITの実践経験を積むことと、プロジェクトを管理するための知識(PMBOK等)を習得することです。
その後いくつかのプロジェクトサブリーダーを経験する必要があります。PMはシステムエンジニアとして到達すべき最高峰の役割のひとつです。

  • アプリケーションスペシャリスト(AS)
  • ITスペシャリスト(IS)
  • ITサービスマネジメント(IM)

エントリーはこちら

このページの先頭へ

  • 会社を知る
  • 仕事を知る
  • 社員を知る
  • 募集要項